200131222 『神の愛に包まれて』 岩井基雄牧師

『神の愛に包まれて』 

「きょうダビデの町で、あなたがたのために、救い主がお生まれになりました。この方こそ主キリストです。」          (ルカ2:11)

 救い主イエス・キリストの誕生は、ローマ皇帝の住民登録への勅令さえも用いて、神のみ手によって導かれていく。被支配の中にあった神の民の救いの希望は、小さな赤子の誕生を通して来る。しかし、その方こそ真の王であり、神の子イエス・キリストであった。

 ふたりの貧しい婚約者たちを神はお用いになった。なぜ彼らが選ばれたのか分からない。しかし、主は心をご覧になられる。彼らの真摯な信仰の姿勢、へりくだった心を良くご存知であったのだろう。貧しい彼らを主は選び、救い主の誕生に関わる人々の拒絶さえ、主はご存知であったのだろう。私たちの頑なな冷たい心の中に、いや罪にまみれた心にこそ、救い主は真の光を届ける…。その愛のメッセージが私たちにも届けられている。

 最初に救い主の誕生の知らせを聞いた羊飼いたちは、人々から時には見捨てられるような存在であった。定住できず安息日を守れない彼らは罪人とさえ呼ばれていたのだ。しかし、救い主の誕生の知らせは、最初に彼らに届けられた。神はどのような人々をも見放さず、見捨てず豊かな愛を注がれる。羊飼いたちは、御使い達の素晴らしい賛美、飼い葉桶に寝ておられるという救い主のしるしを頼りに、全世界への喜びを届けるものとして用いられる。あなたもまた神の豊かな愛に包まれている。あなたはどう応答するだろうか。

コメントする

カテゴリー: Uncategorized

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中