20140105 『日々新たにされて』 岩井従男師(脇町キリスト教会名誉牧 師)

『日々新たにされて』 

「ですから、私たちは勇気を失いません。たとい私たちの外なる人は衰えても、内なる人は日々新たにされています。」

(コリント4:16)

 明けましておめでとうございます。希望を抱いて新年を迎えられたと思います。今年、私に与えられた御言葉はコリントの手紙からです。パウロはコリントの町に来た時には、弱さを覚えていましたが、神様は「恐れないで語り続けなさい。この町にはわたしの民がたくさんいる」と言われ、一年半腰を据えて伝道しました。

有名な愛の章はコリント13章に、また復活の章はコリント15章にあり、コリント12章には第三の天に引き上げられ、「私は弱い時にこそ強い」という言葉を残しています。

私も最近、全身が痒くてたまらなくなったり、歯が弱くなって食事に苦痛を伴うような、外なる人の衰えを痛切に感じるようになってきました。しかし神様は、私たちのために苦しみも涙もなく、死もなく争いもない栄光の国を用意していて下さっているという約束を覚える時に、喜びに踊るようになるのです。内なる人は日々新たにされるのです。この後を見ると、今の時の軽い患難と、永遠の重き栄光が与えられるという約束がされています。この世にいる限り、患難は免れません。

主は「勇敢でありなさい、わたしは世に勝った」と仰っています。この年、この約束の上に立って、前進しようではありませんか。そして日々にキリストと交わり、栄光から栄光へと、主と同じかたちに姿を変えられていこうではありませんか。

応答賛美 新聖歌382 心から願うのは

コメントする

カテゴリー: Uncategorized

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中