20140511 『真の愛と導き』 ヨハネ10:14-18

『真の愛と導き』

「わたしは良い牧者です。わたしはわたしのものを知っています。また、わたしのものは、わたしを知っています。それは、父がわたしを知っておられ、わたしが父を知っているのと同様です。また、わたしは羊のためにわたしのいのちを捨てます。」

(ヨハネ10:14,15)

今日は「母の日」、多くの方の愛によって私たちは育まれてきたのだが、やはり母の愛は格別であろう。精一杯の愛を私たちに注いでくださり、恵みと愛を無償で提供し、忍耐の限りを尽くして、育み続けて下さっている。その愛に応えることは十分にはできないだろう。しかし、日々その恵みを感謝させていただきたい。

私たちは羊のように弱く、愚かな面を持つ存在である。しかし真の羊飼いであり、良い羊飼いである方が私たちの人生を守り導いてくださる時、私たちの歩みは揺るぎないものへと変えられていく。その方は神のひとり子であり、救い主イエス・キリスト。私達への限りない無条件の無償の愛を注ぎ、いのちをかけて救いの道を開いてくださった。そして「わたしのもの」と呼んでくださり私たちの全てを知っていて下さる。私たちもまた、真の牧者を知り、その方についていくことができる。多くの方がこの方によって人生が変えられ、恵みと祝福を豊かに受けてきた。そしてその方々が私たちの為に祈っていて下さっている。私達もまた、他の方々のために祈ることができ、導くものへ と変えられ続けていくことができる。主の愛に生かされる人生には大きな希望がある。

コメントする

カテゴリー: Uncategorized

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中