2014.9.28「主に喜ばれる歩み」Ⅱコリント5:1-10 岩井牧師

そういうわけで、肉体の中にあろうと、肉体を離れていようと、私たちの念願とするところは、主に喜ばれることです。なぜなら、私たちはみな、キリストのさばきの座に現れて、善であれ悪であれ、各自その肉体にあってした行為に応じて報いを受けることになるからです。」                (Ⅱコリント 5:9-10)

 私達、主イエス・キリストにあるものは、真実の希望と勇気がある。外なる人が衰えても失わない勇気の根拠は、「復活のからだ」にあるからだ。地上の肉体は一時的であっても、復活のからだは永遠へと続く。それは主の復活のからだを思わされる豊かな、そして確かな希望である。だから、キリストにあるものは、この確かな希望に生かされていくことができる。ゆえに、土の器としての地上でのうめきも、真の希望へと向かううめきなのである。

 私たちの大いなる希望は、肉体からの脱却ではなく、再臨の主を迎え、栄光のからだを与えられ、死ぬべき肉体が永遠のいのちと希望に満ちた復活のからだにのまれてしまうことである。神が下さった御霊は、この希望の確実な保証でもある。

 このように主とのいのちある交わりが喜びの中心である故に、肉体にいるか肉体を離れるかは大きなことではない。私たちの永遠の目標は「主に喜ばれること」である。またこの肉体で行った善悪すべてについて、私たちは報いを受けると聖書は語っている。主にある者は「火の中をくぐるようにして」救われる(参照Ⅰコリ3:15)。だからこそ、実を結ぶ歩みを歩み続けたい。

コメントする

カテゴリー: Uncategorized

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中