月別アーカイブ: 12月 2014

20141214「インマヌエルの祝福」マタイ1:18-25 岩井基雄師

「見よ、処女がみごもっている。そして男の子を産む。その名はインマヌエルと呼ばれる。(訳すと、神は私たちとともにおられる、という意味である。)」               (マタイ1:23)

アドベントの第三週を迎える。主のご降誕を待ち望む、この時は、私たちにとって「待つ」ことの重要性を教えられると共に、静まること、そして今受けている主からのチャレンジを受け取りなおすときであろう。アドベントは冒険(アドベンチャー)である。

キリストの父として用いられることになるヨセフは、ダビデの家系でナザレで大工を営む者であった。彼の許婚マリヤが身重になったという知らせは彼にとって、冒険でありチャレンジであった。彼は自らの誠実さから、彼女を去らせようとするが、御使いは彼に主の御旨を知らせた。それは彼女を通して、「インマヌエル(神が私達とともにおられる)」預言が成就するということだった。

それは紀元前8世紀前半に、預言者イザヤを通して語られた主の預言であり、エフライム(北イスラエル)とアラムが同盟を結んで南ユダに対する攻撃を整えたというアハズ王へのチャレンジが背景にある。神の御心を求めよとのイザヤのことばにアハズは従えなかった。苦難が迫り、痛みが広がる中で、神を待ち望み、信頼し、そこにとどまっていくことは、決して容易ではない。しかし主は私達にも信仰を働かせ、神がともにいるという約束とその真実を見るようにと招かれる。

今あなたが受けている主からのチャレンジは何であろうか。その葛藤や痛みに寄り添うためにも主は生まれて下さった。

広告

コメントする

カテゴリー: Uncategorized

20141207「洗足:キリストの模範」ヨハネ13:1-11 岩井基雄師

「それで、主であり師であるこのわたしが、あなたがたの足を洗ったのですから、あなたがたもまた互いに足を洗い合うべきです。

わたしがあなたがたにしたとおりに、あなたがたもするように、わたしはあなたがたに模範を示したのです。」

(ヨハネ13:14,15)

 主イエスが、私たちのために、神の在り方を棄てて、人となって下さったのは、究極のへりくだりであった。そして主は、私たちに」本当の豊かさを与えるために貧しくなられたのだ。クリスマスの喜びは、主の謙遜と犠牲の愛によって、私たちに与えられている。

 最後の晩餐の席で、「誰が一番偉いか」と弟子たちが議論し、皆の足を洗うためには誰も立ち上がろうとしない中、主イエスご自身が、自ら、弟子たちの足を洗われた姿が記されている。主は誰が自分を裏切り、誰が主を棄てて逃げていくかをすでにご存じであったろう。しかし、主はその弟子たちの足をひとつひとつ丁寧に洗ってくださった。その姿を弟子たちはみて、どう思ったのであろうか。真に誇りとするものは、何であるべきなのか、私達もまた、価値観や歩みの動機が問われている。

 私達は時に、このクリスマスの喜びをどのようにとらえているだろうか。主は私達にも互いに足を洗い合うようにと語られている。主の弟子は、主のへりくだりと模範として、主に喜んで仕え、他の人と歩むようにと招かれている。このクリスマス、私たちは、誰に仕えて行くことができるだろうか。誰を愛し、赦し、共に歩むようにとチャレンジを与えられているだろうか。

このクリスマスの喜びを誰に一番知ってほしいと願っているだろうか。その方のために祈り、仕え、愛し、共に主の前に出たい。

コメントする

カテゴリー: Uncategorized