20141214「インマヌエルの祝福」マタイ1:18-25 岩井基雄師

「見よ、処女がみごもっている。そして男の子を産む。その名はインマヌエルと呼ばれる。(訳すと、神は私たちとともにおられる、という意味である。)」               (マタイ1:23)

アドベントの第三週を迎える。主のご降誕を待ち望む、この時は、私たちにとって「待つ」ことの重要性を教えられると共に、静まること、そして今受けている主からのチャレンジを受け取りなおすときであろう。アドベントは冒険(アドベンチャー)である。

キリストの父として用いられることになるヨセフは、ダビデの家系でナザレで大工を営む者であった。彼の許婚マリヤが身重になったという知らせは彼にとって、冒険でありチャレンジであった。彼は自らの誠実さから、彼女を去らせようとするが、御使いは彼に主の御旨を知らせた。それは彼女を通して、「インマヌエル(神が私達とともにおられる)」預言が成就するということだった。

それは紀元前8世紀前半に、預言者イザヤを通して語られた主の預言であり、エフライム(北イスラエル)とアラムが同盟を結んで南ユダに対する攻撃を整えたというアハズ王へのチャレンジが背景にある。神の御心を求めよとのイザヤのことばにアハズは従えなかった。苦難が迫り、痛みが広がる中で、神を待ち望み、信頼し、そこにとどまっていくことは、決して容易ではない。しかし主は私達にも信仰を働かせ、神がともにいるという約束とその真実を見るようにと招かれる。

今あなたが受けている主からのチャレンジは何であろうか。その葛藤や痛みに寄り添うためにも主は生まれて下さった。

広告

コメントする

カテゴリー: Uncategorized

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中