20150329 『神様に栄光をもたらすとは』コリント5:11-21 藤嶋光 男宣教師

『神様に栄光をもたらすとは』 
 神様に栄光をもたらすとはどういうことなのでしょうか。よく使われるフレーズですが、なかなかはっきりと意味をとらえることが難しい言葉のような気がします。しかし、聖書を読んでいくうちに意外と単純明快な事のような気がしました。コリント第二の手紙のあちこちにその事を示しているような箇所があります。「それは、多くの人々の祈りにより私たちに与えられた恵みについて、多くの人々が感謝をささげるようになるためです。」(1:11)
また9章11節にはこうあります。「あらゆる点で豊かになって、惜しみなく与えるようになり、それが私たちを通して、神への感謝を生み出すのです。」そして、さらに4:15では、「すべてのことはあなたがたのためであり、それは、恵みがますます多くの人々に及んで感謝が満ちあふれ、神の栄光が現れるようになるためです。」とあります。ここで再三出てくることは、人々が神様に感謝することが、すなわち、神様に栄光を帰すことです。では、既にイエス様を信じ、創造主なる神様に感謝を捧げる私達にとってはどういうことなのでしょう。私達には「和解の務め」が与えられています(コリント5:18-19)。「和解の務め」とは「和解のことば」、即ち福音を、まだイエス様を知らない人々に伝える働きであり、それは全てのクリスチャンに与えられているものです。

 私達の人生は、第一にイエス様を知り、救われて永遠の命にあずかる為の機会であり、第二に、神様の私達に対する愛、恵み、慈しみを味わう機会であり、そして第三に、神様に愛されているという喜びから、私達に与えられている「和解の務め」に参加する機会だと思うのです。私達はどのように毎日の日々を、そして一生を送ればよいのでしょうか。

コメントする

カテゴリー: Uncategorized

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中