20150419 『主にささげる恵みと感謝』  Ⅱコリント8:1-15 岩井 牧師

『主にささげる恵みと感謝』 

「苦しみゆえの激しい試練の中にあっても、彼らの満ちあふれる喜びは、その極度の貧しさにもかかわらず、あふれ出て、その惜しみなく施す富となったのです。私はあかしします。彼らは自ら進んで、力に応じ、いや力以上にささげ、聖徒たちをささえる交わりの恵みにあずかりたいと、熱心に私たちに願ったのです」
                            (Ⅱコリント8:2-4)

 主の教会の交わりの原点は、主が愛の故に、ご自身貧しくなって下さったことにある。他者のために自らを犠牲にする恵みは、自らにも恵みと祝福を与えてくれる不思議な交わりである。
 パウロはエルサレム教会の窮状を覚え、他の教会からの支援を呼びかけていった。それに応じて、多くの教会が自分たちの貧しさを越えて、豊かにささげていったのだ。それは主の恵みと愛に応答する歩みだった。激しい試練の中にあっても、彼らの内側には満ちあふれる喜びがあり、それが具体的な愛の行動へと繋がっていった。私達にとっても、委ねられている賜物や財をどう用いるのかには、様々な葛藤がある。しかし全てが神から託されているものであり、私達はその管理者であることを覚える時、私達の心が違ってくる。主の主権を認める事こそが、私達の心も歩みをも変えていく。それは信仰の働きであり、献身の成長を必要とする。私達はどのように主に仕え、他者のため に自らを喜んで献げているだろうか。全ては主に献げていくものであり、主への感謝を表していくことだ。与える祝福へと共に向かおう。

広告

コメントする

カテゴリー: Uncategorized

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中