20150621 父の日歓迎礼拝『父の愛と訓育』エペソ6:1〜3 岩井牧 師

『父の愛と訓育』 

 「子どもたちよ。主にあって両親に従いなさい。これは正しいことだからです。 『あなたの父と母を敬え。』これは第一の戒めであり、約束を伴ったものです。…父たちよ。あなたがたも、子どもをおこらせてはいけません。かえって、主の教育と訓戒によって育てなさい。」                   (エペソ6:1,2,4)

 今日は父の日、私達のために忍耐を重ね、犠牲と愛を豊かに表してくださったお父さん達に心から感謝したい。
 聖書は、子ども達に良心に従うことの大切さを一貫して教えている。自分では選ぶことが出来ない親の存在、その親との関わりを通して、人は人間関係の原点を学び、豊かに成長していく。親としての学びをしたわけではない父親も、委ねられた子どもと向き合いながら、自らの少年期を取り戻していくように成熟へと向かう。人との関わりの中で人格を練ってくださる神のご計画の原点は、家庭であり、神の恵みと愛だ。両親を敬うことには、祝福の約束が伴う。それは神から与えられるものだ。逆に言うならば、神との関わりの豊かさが人との関わりの豊かさに繋がっていく。父親もまた、神の前にへりくだり、委ねられた子ども達を、主の教育と訓戒によって育てていく。それは自 らを育てることであり、神と真実に向き合うことから生まれてくる。神の前に共に成長していくそこに家庭の祝福の素晴らしい恵みがある。共に心から父親に感謝し、父なる神を愛し従う者とされたい。
広告

コメントする

カテゴリー: Uncategorized

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中