月別アーカイブ: 7月 2015

20150628 『主の教会の成熟』エペソ4:1〜16 牧師

『主の教会の成熟』 

 「キリストのからだを建て上げるためであり、ついに、私たちがみな、信仰の一致と神の御子に関する知識の一致とに達し、完全におとなになって、キリストの満ち満ちた身たけにまで達するためです。」                   (エペソ4:12,13)

 先週参加させて戴いた教役者研修会の中で、教会の成長のカギは互いの「弱さ」を受け入れながら、結び合わされ、組み合わされていくことだと教えられた。被造物としての弱さを認め、自らの心の闇、過去の傷と向き合うことの中で、私達は成長していく。そして一人一人の成熟が、キリストのからだなる教会の成長へと導かれて来るというのだ、私達は成長を考える時、強さをイメージしやすい。しかし、主の前に愚かさや罪深さを認めていかなければ真の一致へと向かうことが出来ず、自分にどこまでもこだわってしまう。みことばにある真理と愛、健全な知識に生かされていく歩みは、弱さとの対峙から始まると言えるだろう。
 そして、私達は組み合わされていく。柱と柱とが互いに削られていくことによって、初めて結び合わされることが出来るのだ。キリストをかしらとする私達教会の交わりは、真実なものである必要がある。そして互いを受け入れ、心の中に秘められた感情をも互いに傾聴し、受け入れ、そして互いに仕え合い、愛し合う真の成熟へと向かう。そこにこそ、主の弟子としてのひとりひとりの成長、全体のキリストのからだの成熟がある。主との交わり、自分との対峙、主にある人々とのコミュニケーションを深めたい。

2件のコメント

カテゴリー: Uncategorized