20150719 『与える祝福と溢れる感謝』Ⅱコリント9章 岩井牧師

『与える祝福と溢れる感謝』 

 「神は、あなたがたを、常にすべてのことに満ちたりて、すべての良いわざにあふれる者とするために、あらゆる恵みをあふれるばかり与えることのできる方です。」
(Ⅱコリント9:8)

パ ウロは主の教会を建てあげていく中で、様々な必要が各地にあり、霊的なニーズだけではなく、具体的な必要をも満たしていくことの重要さを教えられた。特に 彼の使命を理解せず、関係が必ずしも良くなかったエルサレム教会の経済的な必要を知る中で、キリストの教会が、互いに助け合い、仕え合うことの重要性を主 から示され、愛の献金のわざを行うようにと各地でチャレンジしていったのである。
そ の愛のわざに応え献げていったのは、貧しい教会だった。極度の貧しさにもかかわらず、喜んで献げた彼らの信仰の姿勢は、主の愛の満たし、喜んで与える祝 福、自らをも献げる献身の証であり、彼らの祈りを通して、主の教会は力強く建てあげられていったのである。そして、多くの問題を抱えていたコリントの教会 が、主のみ言葉と刈り込みを通して、豊かに成長し実を結び続けていく教会へと変えられていく。私たちにとっても、困難な信仰の戦いの一つはこのささげるこ とではないだろうか。すべてが主のものであるとの事実を理解し、どれほど自分たちが恵みと愛を受け、支えられているかを覚えていくときに、私たちは最も大 切にしているものさえをも主の栄光のために正しく用いていくことができる。真の所有者である神様に信頼して歩みたい。

広告

コメントする

カテゴリー: Uncategorized

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中