20151213 『主の正義と真実の約束』 イザヤ11:1-9  岩井牧師

『主の正義と真実の約束』 

「エッサイの根株から新芽が生え、その根から若枝が出て実を結ぶ。その上に、の霊がとどまる。それは知恵と悟りの霊、  はかりごとと能力の霊、主を知る知識とを恐れる霊である。」
<イザヤ11:1,2>
 預言者イザヤを通して、主は救い主のメシヤの預言を民に与え、希望と「インマヌエル」の愛と約束を与えた。
 イザヤは、当時の世界を支配するアッシリヤの崩壊を預言し、エッサイの子孫、ダビデの家系から出る若枝としての救い主の出生を預言している。エッサイという名の背景には、軽蔑または貧しさが含まれている。エッサイという表現を使用することを通し、弱く、小さく、貧しい存在から、ダビデの王権にも勝る救い主の主権が訪れることをイザヤは明示している。
その救いい主メシヤは神の霊に満ち(ヨハ1:33‐34)、知恵と権力を持ち、(神の子として)神を知り神を真に畏れる方であることを続けて、力強く預言している。さらに3‐5節は正義をもってこの世をさばき治めるメシヤの働きを預言し、続く6‐9節はそのようなメシヤの主権的支配下の世界がどのように平和なものであるかを預言している。そこには、まさに「平和の君」(9:6)を通してなされる新しい世界、新天新地へとつながる再創造への恵みに満ちた預言がなされている。クリスマスの喜びは、どんな現実からも主の大いなる平和と祝福へと導かれる希望にある。

広告

コメントする

カテゴリー: Uncategorized

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中