20160110 『真理に生かされる恵み』ヨハネ18:25〜40 岩井牧師

『真理に生かされる恵み』 

「イエスは答えられた。『わたしが王であることは、あなたが言うとおりです。わたしは、真理のあかしをするために生まれ、このことのために世に来たのです。真理に属する者はみな、わたしの声に聞き従います。』ピラトはイエスに言った。『真理とは何ですか。』」                       (ヨハネ18:37-38)

 ゲッセマネの園で大祭司のしもべを傷つけたペテロを、そのしもべの親類は大祭司の庭で見とがめた。しかし、それでもペテロは主イエスと自分の関わりを否定する。事実を突き付けられても、認められない、私たち人間の弱く真理に立てない姿がここにある。しかし、そんな私たちのために主は祈られる(ルカ22:32)
 大祭司の前でも、ローマ総督ピラトの前でも、主イエスは微動だにしない。真理に生かされるものは、揺り動かされない。真理そのものである主の姿がそれを明確に示す。人々が政治的な理由で主イエスをローマに訴えたことも、事実に反することであった。しかし、主はそのことをピラトとの対話のために用いられる。死刑の権限を持つ総督の前でも、凛として変わらない主は、この地上の国ではない、神の国の王としてのご自身の在り方をピラトに語りだす。「わたしは、真理のあかしをするために生まれ、このことのために世に来たのです。…」との主の言葉は、「真理とは何ですか」とのピラトの問いを引き出す。私たちは真理にどう対峙するだろうか。真理である主の声に聴き 従いたい。

コメントする

カテゴリー: Uncategorized

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中