20160207 『ユダヤ人の王、キリスト』 ヨハネ19:17-27  岩井牧師

『ユダヤ人の王、キリスト』 

「 ピラトは罪状書きも書いて、十字架の上に掲げた。それには「ユダヤ人の王ナザレ人イエス」と書いてあった。それで、大ぜいのユダヤ人がこの罪状書きを読んだ。イエスが十字架につけられた場所は都に近かったからである。またそれはヘブル語、ラテン語、ギリシヤ語で書いてあった。」   (ヨハネ19:19-20)

 私たちの主、イエス・キリストは全てのことをご存じでありながら、それらの全部を受け止め、まっすぐに主体的に、十字架に向かって行かれた。当時十字架刑に処せられる者は刑場に引いて行かれるまでの間、首に罪状書きをつるされたか、そのような札に先導されて刑場に向かったと言われている。すなわち刑場であるゴルゴダへと向かう道行の中で、「ユダヤ人の王ナザレ人イエス」という名が人々へと示されたのだ。それを面白く思わないユダヤ当局者たちは、ピラトにそう自認したと訂正するように願ったが、ピラトはそれを拒絶する。そこに真理を問われたピラトの姿勢が表れているのであろうか。こうして人々にユダヤの王としての主が示されていく。その宣言をどう受け 取るかによって私たちの人生は二分していくといっても過言ではない。あなたはどのように主の十字架を受け止めているだろうか
 主の十字架をめぐって、ヨハネは、主の下着を分け合う4人の兵士と比較するかのように、十字架の足元で見守る4人の女性を描いている。十字架にかかわりながらも主からなお奪おうとする人々と、主の苦しみを共に味わうかのように佇む人々、そして遠くから見ている人々が描かれる。あなたはどこにいるだろうか。今の場所から一歩でも主の十字架へと近づき、従いたい。主はご自身の真の弟子としての歩みを私たちに求められる。

コメントする

カテゴリー: Uncategorized

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中