20160221 『主の教会の祝福』コリント13:11-13 岩井牧師

『主の教会の祝福』  
「終わりに、兄弟たち。喜びなさい。完全な者になりなさい。慰めを受けなさい。一つ心になりなさい。平和を保ちなさい。そうすれば、愛と平和の神はあなたがたとともにいてくださいます。」
                       (コリント13:11)
 今日でコリントの二つの手紙からのメッセージが一区切りとなる。多くの人に愛されるこの手紙は、私たちの弱さや教会の問題に関わらず、主が注がれる愛の豊かさに満ちている。そして、この最後の祝等はアロンの祝等とともに、多くの教会でささげられている。主が教会を祝福し、そしてこの世を祝福される恵みだ。

 その直前にあるこの5つの命令は、主の教会が目指すべき方向性を示している。喜び、清さ、慰め、一致、平和…どんな共同体にも必要な要素だが、とりわけ主の教会には重要な項目であり、コリントの教会には特にそうであったであろう。そして現代に生かされる私たちもこの5つの一つ一つを大切に心に刻みたい。また、そのあとの主の臨在の約束は、私たちに力を与える。そして、愛と平和の主の臨在の中で、主の教会は、あらゆる問題や弱さを抱えながら、憐れみと恵みに満ちた祝福へと向かい続けていくのだ。だとすれば、私たちにもこの教会の祝福へと向かう歩みに責任がある。私たち一人ひとりが、それぞれに与えられ、委ねられている賜物を生かし、用いて、キリストの からだなる教会を建て上げ、他の人とあらゆる絆で結びあわされ、そして全体が成長し祝福へと向かっていくからだ。誰一人不要な人はいない。誰一人完全な人もいない。皆が主によって問われ、砕かれ、成長し、愛のわざを行っていく。一歩ずつ共に進みたい。

広告

コメントする

カテゴリー: Uncategorized

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中