20160306 『新天新地の希望に生きる』イザヤ65:17-19 岩井牧師

『新天新地の希望に生きる』 
「見よ。まことにわたしは新しい天と新しい地を創造する。
先の事は思い出されず、心に上ることもない。わたしはエルサレムを喜び、わたしの民を楽しむ。そこにはもう、泣き声も叫び声も聞かれない。」                  (イザヤ65:17,19)
 新しい年度が始まった。昨年度の主の恵みを深く心にとめたい。その恵みは決して順調でも順風満帆でもなかった。試練や葛藤や痛みや涙もあった。しかし、そここにこそ主の恵みが溢れていることを、それぞれの歩みでも教会の歩みでも味わった。
 イスラエルの民の歩みもそうだ。イザヤが活躍した時代、神の民は様々な試練の中にあった。自らの問題に起因した痛みでもあった。しかし、その苦難の中に主はともにおられ、まだ問題が全く解決もせず、応えも見えない中で語られた主のご計画が、今日の箇所にある主の幻だった。私達もまた、今ある現状の中から、将来を未来を見るように招かれている。主の救いの完成は、被造物全体に及ぶことを示され、そこに生きるようにとのチャレンジを受け取っているのだ。そして苦難や葛藤の中に、不思議な主の守りと臨在、恵みと祝福があることを教えられ続けている。神の民は、現状の中にこそ、恵みと祝福の種を見いだし、そこに感謝を表していくからだ。
「義の実を結ばせる種は、平和をつくる人によって平和のうちに蒔かれます。」(ヤコブ3:18)とあるように私達も神の義の実を結ぶようにとこの地に遣わされている。平和をつくる者の幸いを覚えつつ、今日も祈りと忍耐をもって、義の実の種を蒔き続けたい

コメントする

カテゴリー: Uncategorized

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中