20160417『ダビデの悲しみと憐れみ』 Ⅱサムエル19:1-23 岩井牧師

「きょう、イスラエルのうちで、人が殺されてよいだろうか。私が、きょう、イスラエ
ルの王であることを、私が知らないとでもいうのか。」
そして王はシムイに、『あなたを殺さない』と言って彼に誓った。」
<サムエル19:22,23>
私達は年を重ねたり、様々な立場に立つことになれてくると、「聞く耳」をもつこと
が難しくなる。ダビデもそうであった。アブシャロムとの確執や戦いは、ダビデの罪が
原因であった。しかし、ダビデはアブシャロムの死を願わない。我が子の死が伝えられ
ると人目も憚らずに悲しみ、表現した。せっかくの勝利の凱旋は、ダビデの極端な悲し
みの故に、まるで敗軍の帰還のように沈うつなものに変ってしまったのだ。
将軍ヨアブはそれを見、そしてダビデを諫めた。親としてのダビデの悲しみを理解しつ
つも、王として民を導く者としてのあり方へのチャレンジでもあった。ダビデはそれを
受け入れていく。自分の悲しみだけに浸り込み、家来たちの命がけの忠誠に一顧も与え
なかったダビデは、このヨアブの言葉を聞いて我に返り、部下達の労をねぎらったのだ
。人とのしての思いを越えて、神の民を導くために成すべき事があり、成してはならな
いことがあった。ヨアブの提案は的を得ていたが、アブシャロムを殺したヨアブをダビ
デは疎んじていく。人の心は決して単純ではない。
しかし、かつてダビデを残ったシムイを、ダビデは赦し、恵みを与えていく。主の前に
取り扱われるダビデの信仰の姿勢には、学ぶべき愛と憐れみの姿がある。私達も真に聞
く耳を持ちたい

2件のコメント

カテゴリー: Uncategorized

20160417『ダビデの悲しみと憐れみ』 Ⅱサムエル19:1-23 岩井牧師」への2件のフィードバック

  1. 石橋秀則

    年を重ねると、富や名誉に固執するようになる人を見かけます。信仰を持ちながらそのように変わっていく人を見ると情けなくなりますが、我が身も年配者といわれる年になっていますので、それらに気付かされるように祈るばかりです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中