20160529『反乱と王国の意味』IIサムエル20

「この女はその知恵を用いてすべての民のところに行った。それで彼らはビクリの子シ
ェバの首をはね、それをヨアブのもとに投げた。ヨアブが角笛を吹き鳴らしたので、人
々は町から散って行って、めいめい自分の天幕へ帰った。ヨアブはエルサレムの王のと
ころに戻った。」            <サムエル20:22>
 ダビデの王国が建て上げられていく歩みは、痛みと混乱を伴った。バテシェバとの大
いなる罪が、様々な影を落とし、アブシャロムの反乱を招いたのも、ダビデの愚かさの
故だった。このベニアミン人シェバの反乱もまた、ダビデの心を痛めるものであった。
その背後にはベニアミン人サウルへの思いや、その後の自分たちの扱いの問題があった
であろう。人間の弱さや愚かさが重なり様々な確執、反目が生まれていく。しかし、そ
の中で神がなそうとしている御業が行われていくことに心をとめていく必要がある。
 シェバの反乱は、ダビデに対して不平や不満を持つ多くの民の反乱へとつながってい
った。そして、このことがソロモンの後の王国の混乱、国の分裂に繋がっていく(列1
2:16)。私たちは自らの心にある闇に目を閉ざしてはならない。しかし、この反乱も一
人の知恵のある女性によって解決に向かっていく。主は心に知恵のある一人の存在を豊
かに用いられる。どんな小さな弱い存在であろうとも、神の知恵によって行動する時、
その人は主に豊かに用いられていくのだ。一方将軍アマサは大事な場面で遅れてしまう
。そのことがヨアブによって利用され、彼もまたいのちを取られてしまう。そしてダビ
デはこのヨアブを疎みながらも、彼を指導することができない。人を恐れるダビデの影
がそこにある。それでも主はダビデの王国を建てる。主の憐れみは深い。

コメントする

カテゴリー: Uncategorized

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中