20160626『知恵と恵み』第二サムエル21

「ダビデはギブオン人たちに言った。『あなたがたのために、私は何をしなければなら
ないのか。私が何を償ったら、あなたがたは主のゆずりの地を祝福できるのか。』 …
その後、神はこの国の祈りに心を動かされた。」      <サムエル21:3,14>
 私たちが次世代に受け継ぎたいことは何だろうか。また何は受け継いでほしくないと
願っているだろうか。そこに私たちの価値観が現れる。親から子、子から孫へと恵みの
バトンを渡ししたい
 しかし、私たちが渡そうとするものは、全て恵みにつながるものとは限らない。この
サムエルの21章からは時代背景が明確ではなく、20章から続いているわけでもないよ
うだ。しかしダビデは国に飢饉が訪れた時、その原因を主に求め、主の求めに従ってい
く必要があった。私たちの真の知恵は主を正しく畏れることにある。その背景にサウル
の罪があったことには、多くを考えさせられる。人の罪、特にリーダーの罪の影響の大
きさだ。主の前に誓約されたものをどのように順守していくのか、ギブオンに騙されて
結んだ誓約であってもその真実さが問われるのだ。
 ダビデは主の求めに誠実に応じ、またヨナタンとの約束をも果たしていく。彼も弱さ
の塊であった。しかし主の前を真実に歩む回復の歩みは、主の恵みを受け取ることにつ
ながっていく。その背景には私たちには理解が難しい死の問題があった。しかし私たち
には分かりえない主のご計画があるのだろう。私たちは何よりも主は国の祈りと叫びに
心を動かされ、事を行われるという恵みと憐みに心を留めたい。そして主に真実に従い
たい。

コメントする

カテゴリー: Uncategorized

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中