月別アーカイブ: 7月 2016

20160717『信仰に立つ歩み』ローマ2:17〜29

「外見上のユダヤ人がユダヤ人なのではなく、外見上のからだの割礼が割礼なのではあ
りません。かえって人目に隠れたユダヤ人がユダヤ人であり、文字ではなく、御霊によ
る、心の割礼こそ割礼です。その誉れは、人からではなく、神から来るものです。」 
                      <ローマ2:28,29>
 私たちは、さまざまなものを「誇り」とし、それに依存してしまう傾向がある。その
背後には、他者との比較によって傷ついた自己や優越性によって自分を保とうとする心
の傷や、劣等感がある場合が多い。律法学者やパリサイ人に代表されるユダヤ人たちは
、自分たちが「神の民である」という誇りにしがみついていること主イエス・キリスト
によって明確に示され、またパウロ自身がその自分の心の闇と向かい合い、そこで復活
の主と出会った。
 私たちの信仰の歩みは、柔軟で自由な歩みである。しかし、常にそれは問われ、自己
吟味され、変えられ砕かれていく必要がある。恵みの福音を信じ、キリストにあって律
法の要求を満たしている異邦人が、肉体の割礼を受けてはいないが、真のイスラエル、
神のイスラエル、すなわち、割礼を受けている者とみなされるという憐れみがここで語
られている(参考:ガラ6:15‐16)。そこには、人間の誇りがうち砕かれ、恵みとし
て「神の民」として加えられるという主の愛が表されている。そしてそこにこそ、キリ
スト者が自らの何かを誇りとするのではなく、ただ主にある愛と恵み、そして福音に生
かされることのみを誇りとして歩む 信仰の歩み、信仰に立ち続ける歩みの祝福が語ら
れている。私たちもまた、その恵みの中を豊かに生かされる者とされたい。

コメントする

カテゴリー: Uncategorized

20160710『あなたはわたしに従いなさい』ヨハネ21:20〜25

 
「ペテロは彼を見て、イエスに言った。『主よ。この人はどうですか。』イエスはペテ
ロに言われた。『わたしの来るまで彼が生きながらえるのをわたしが望むとしても、そ
れがあなたに何のかかわりがありますか。あなたは、わたしに従いなさい。』」
           <ヨハネ21:21,22>
 暑い日々が続き、国内や国内にも様々な動きがある。心動かされる事件も少なくない
。そのような中でこそ、私達は神の前の生活や歩み、そしてリズムが整えられていく必
要がある。
 神の前に静まり、自らを見据え、主に信頼して前に向かう歩みは、私達が日々身につ
け、そして成長していく必要のある課題だ。私達の心を萎えさせ、主から離れさせ、失
望や無関心に誘う存在があるからだ。主の弟子達は、そのような自分の弱さや闇と向か
い合う必要があった。その弱さや愚かさの中で主と出会うことの重要さが幾度も語られ
ているからだ。主を三度否んだペテロに対して、主は三度「あなたはわたしを愛するか
」と尋ねられた。
 そしてペテロは自分の弱さを認めつつ、主の憐れみに信頼する愛の応答をしたのであ
る。それは主に喜ばれる答えであり、その彼に主は使命を与え、ご自身の羊を飼い養う
ようにとチャレンジされた。しかし、その中でペテロが出会う困難、苦難をも示された
のだ。ペテロはそばにいたヨハネはどうかと尋ねる。不安や恐れが彼の心をよぎったの
だろう。主からのチャレンジは時に私達を不安にし、他の人のことが気になることがあ
る。しかしその時にこそ主の豊かなチャレンジが響く「あなたはわたしに従いなさい」
と。他の人がどうであれ、私達は主に従う者でありたい。

2件のコメント

カテゴリー: Uncategorized