20160821『ダビデの三勇士』サムエル23:1-19

「すると三人の勇士は、ペリシテ人の陣営を突き抜けて、ベツレヘムの門にある井戸か
ら水を汲み、それを携えてダビデのところに持って来た。ダビデは、それを飲もうとは
せず、それを注いで主にささげて、言った。『主よ。私がこれを飲むなど、絶対にでき
ません。いのちをかけて行った人たちの血ではありませんか。』彼は、それを飲もうと
はしなかった。」 <サムエル23:16,17>
 ダビデは最後のことばとして、主を賛美する歌を詠う。それは主の恵みを確認し、
主の霊によって自らが主のことばを伝える者とされた祝福を語る。そして「わが家」は
、神と共にあると永遠の契約に基づく主の守りを遺言のようにして子孫に伝えていく。
 そしてダビデの歩みが、具体的には彼にあって主に従う多くの勇士たちによって支え
られ、守られてきたことを語り伝えている。特に「ダビデの三勇士」と呼ばれるヤショ
ブアム、エルアザル、イタマルを中心にした40名の名前が挙げられている(9-39v)。
ダビデはこのように多くの勇士達に支えられてきたことをも伝える。
 特にこの三勇士は、いのちがけでダビデの希望を叶えようとした。それはペリシテの
敵陣にあるベツレヘムの門の井戸の水だった。たかが水のために命がけの歩みをこの三
勇士はダビデのために行った。自分の安全以上に、主人である王の希望を優先した彼ら
のいのちがけの水をダビデは飲もうとしない。そしてそれをささげものとしてダビデは
主にささげ注いだのだ。
 それはダビデもまた勇士達も、神の前に立ち続けていることを忘れなかったからであ
り、全てを主のためにと願ったことでもあったであろう。しかし勇士ウリヤの名は私た
ちに罪の現実を語る。

広告

2件のコメント

カテゴリー: Uncategorized

20160821『ダビデの三勇士』サムエル23:1-19」への2件のフィードバック

  1. 石橋秀則

    ダビデの信仰は絶大なものです。その彼も大きな罪を犯しますが、どんな人も原罪から抜け出すことが出来ないんですね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中