20161204『受胎告知の恵み〜マリヤを通しての 救いのご計画〜』ルカ1:26-38

「 マリヤは言った。『ほんとうに、私は主のはしためです。どうぞ、あなたのおことばどおりこの身になりますように。』こうして御使いは彼女から去って行った。」                (ルカ1:38)
序、今日は、アドベントの第2礼拝
  ・25日のクリスマス礼拝を喜び、楽しむために 
導入、今日の箇所を描いた4人の画家たち
  <フラ・アンジェリコ><レオナルド・ダ・ヴィンチ>
<アントネロ・ダ・メッシーナ><マティアス・グリューネヴァルト>
1,預言の成就として
  ・アダムとエヴァの問題のはじまり
  ・神様のご計画のはじまり
  *神様は預言者(みことば)を通して知らせる
2,神様からの働きかけ
  ・マリヤを選ばれた神様
  ・マリヤに話しかけた神様
  *神は人に近づかれる
3,マリヤの応答としての献身
  ・御使いの声を確かめたアリヤ
  ・神様の思いを受け入れたマリヤ
  *神様への応答がマリヤの生き方である
 <クリスチャンの生き方>
  ・神様はすべての人に目を向けられている
  ・クリスチャンは神様の愛に応答して生きていく
  *受胎告知は、神様の恵みに満ちた出来事であった

(メッセージ:町田俊之先生)

コメントする

カテゴリー: Uncategorized

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中