20161225『クリスマスの喜び』マタイ2:1〜12

「彼らは王の言ったことを聞いて出かけた。すると、見よ、東方で見た星が彼らを先導し、ついに幼子のおられる所まで進んで行き、その上にとどまった。その星を見て、彼らはこの上もなく喜んだ。そしてその家にはいって、母マリヤとともにおられる幼子を見、ひれ伏して拝んだ。そして、宝の箱をあけて、黄金、乳香、没薬を贈り物としてささげた。」           (マタイ2:9-11)
 クリスマスの喜びは、世界の全ての人に広がっていく。最初にクリスマスを祝った羊飼いたちは、最も貧しく、人口登録にも関係のない人たち、しかしベツレヘムの近くにいた人たちだった。マタイに登場する東方の博士たちは、高貴な人たちであったが、遠く離れ、裕福な人たちと言えよう。博士たちは多くの犠牲を払って王の誕生を祝いに来た。しかし、その喜びの背後には、真の王の誕生に脅威を覚えるヘロデ王の存在があり、彼の恐れは赤子の殺害へと繋がっていく。喜びの背後にある人間の闇や悲しみに、そして闇に輝く光に私たちは心を留める必要がある。その喜びは世界に届けられる。どんな痛みを抱えた人も、どんな高みを経験する人も神の愛から漏れていない。そして神は私たちすべてを招いておられる。本当に喜びへと。それは決して人間中心の喜びではない。貧しくなられ、犠牲を払われ、人となって私たちと一緒に苦しみ、悩み、血を流すために来てくださった救い主を中心とした喜びだ。そこにこそ全世界の喜びがある。全て人を内側から創り変える勝利がある。私たちは、この喜びの時、何を持って主を賛美し、ほめたたえるだろうか。

コメントする

カテゴリー: Uncategorized

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中