20170129『みことばにて交わり、愛に生きる』Iペテロ 2:1-5

「あなたがたも生ける石として、霊の家に築き上げられなさい。そして、聖なる祭司として、イエス・キリストを通して、神に喜ばれる霊のいけにえをささげなさい。」          (ペテロ2:5)
 今日の午後、教会の予算総会を行う。新しい一年を主にある一致を持って進むことができることは大きな恵みだ。今の時代にも、キリスト者として歩み抜くことに様々なチャレンジがある。しかし、委ねられた子どもたち、また救いへと導かれている方々と共に、みことばに堅く立ち、主の福音を宣べ伝え、愛に生きる者とされたい。映画「沈黙」が私たちに問うことは小さくない。故小畑進師が指摘するように、その中には、主への信仰を揺るがしかねない人間的なものが刷り込まれているからだ。私たちは見極める必要がある。霊的な戦いは私たちの現実の世界にある。
 このペテロの手紙が記された時代、キリスト者に対する非難や攻撃が強まる中にあった。ローマ皇帝による直接的な迫害の手も広がろうとしている中であった。しかし、ペテロはどんな中にあっても驚くことなく、キリストの栄光に心を留めるようにと人々を導いた(ペテロ4:12,13)。そして、祈りへと心を備え、互いに愛し合い、賜物の良き管理者として互いに仕え合うようにとチャレンジを送っているのだ(4:7-11)。そして、その交わりと愛の行為の原点はみことばにあることが今日の箇所でも強調されている。
 新しく生まれた者は、朽ちることのない生ける変わることのない神のみ言葉によって生まれたからだ(1:22-25)。だからこそ、私たちはこのみ言葉を味わい続け、それに生かされ続け、成長を与えられ、救いの完成を目指していく必要がある。私たちもまた、キリストのからだなる教会を建て上げていくために、生ける石として、主に自らをささげていくことが必要だ。私たちは一人一人、どのように主に仕えていけるだろうか。共に主に従う者とされよう。

コメントする

カテゴリー: Uncategorized

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中