20170219『聖さを追い求めて』ローマ6:12-23 

「あなたがたの手足を不義の器として罪にささげてはいけません。むしろ、死者の中から生かされた者として、あなたがた自身とその手足を義の器として神にささげなさい。」                  (ローマ6:13)
 世には様々な価値観があり、私たちはその影響を受ける。聖書が語る価値観に立つ人生を歩みたいと心では願いながら、現実には罪の誘惑からくる心の葛藤を常に抱えている。しかし、聖書は私たちがすでに罪に対して死んだ者であり、古い自分がキリストと共に十字架につけられたことを心に留めるように教える。
 罪の奴隷という表現は強烈だが、確かに私たちは、奴隷のように縛られ、罪を犯してきてしまった事実を神の前に認めざるを得ない。しかし、すでにキリストにある永遠のいのちを持つ私たちは、そこから離れ、勝利し、従順のしもべ、また義のしもべとして歩むことができると聖書ははっきりと語り私たちを励ます。私たちの内にあるキリストのいのちは、罪の影響を受け、罪の奴隷として歩んでいた私たちをそこから解放し、キリストの義といのちに生きる者へと変えてくださったからだ。もちろん失敗をしないということではない。しかし、幾度も幾度も失敗を重ね、悔い改めを積み重ねていく中で、神様は私たちを内側から取り扱い、憐みと恵みの中で、主の勝利を私たちに与えてくださるというのだ。聖さを追い求める生涯は、恵みを数え、憐みに生かされ、示される罪を悔い改め続けるへりくだりの道だ。しかしそこに豊かな祝福がある。自らの心を振り返ると共に、主を心から愛する者とされたい。主への愛を深めることこそ、聖さを求める歩みに繋がるから。

広告

コメントする

カテゴリー: Uncategorized

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中