20170416『心はうちに燃えて』ルカ24:13-39

 「彼らとともに食卓に着かれると、イエスはパンを取って祝福し、裂いて彼らに渡された。それで、彼らの目が開かれ、イエスだとわかった。するとイエスは、彼らには見えなくなった。そこでふたりは話し合った。『道々お話しになっている間も、聖書を説明してくださった間も、私たちの心はうちに燃えていたではないか。』」                       <ルカ24:30-32>  イースターおめでとうございます。死を恐れる私たちにとって、このイースターの喜びは、人生の大きな意義を持っています。
 主イエス・キリストが十字架にかかられたことは、主の弟子たちにとって大きな痛みであり、失望の原因でした。主が殺されてしまったゆえに、彼らの今までの人生が否定されただけではなく、彼らにも死への恐怖が押し寄せ、彼らは隠れ、またエルサレムを離れていったからです。エマオに向かった主の二人の弟子もそうでした。しかしその彼らに復活の主が共に歩まれました。彼らの痛みに寄り添い、彼らの心を聞き、そして彼らに旧約聖書から救い主の苦難を通る勝利を語られたのです。それでも彼らの目は閉ざされていました。しかし、主がまるで彼らの食卓の主人のように、パンを祝福し裂かれたとき、彼らの目が開かれ、その方が主イエスであることを理解し、主は見えなくなられたのです。
 しかし、彼らの心は全く変えられ、心が内に燃えていることを彼らは感じたのです。みことばの真理が、また主の臨在が、そして主の復活の勝利が彼らを内側から変え、彼らを再びエルサレムへと向かわせました。主の復活の勝利は、この二人だけではなく、主の弟子たちの人生を大きく変えていくことになるのです。  私たちの心にも人生にも主は勝利と希望を与えて下さいます。

広告

コメントする

カテゴリー: Uncategorized

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中