20170423『聖霊によって歩む』ローマ8:1-11

 
 「もし神の御霊があなたがたのうちに住んでおられるなら、あなたがたは肉の中にではなく、御霊の中にいるのです。キリストの御霊を持たない人は、キリストのものではありません。もしキリストがあなたがたのうちにおられるなら、からだは罪のゆえに死んでいても、霊が、義のゆえに生きています。」 <ローマ8:9,10
 私たちの内側には葛藤が常にある。キリストに従いたいと願いつつも、そうではない罪の方向へ、神に喜ばれない歩みへと向かってしまう矛盾した罪の傾向への葛藤が…。しかし、7章までの書き方と異なり、8章からは聖霊が私たちをどう導かれ、変えて下さるのかが中心に描かれている。私たちの闇の現実をも光に変えて下さる主の勝利といのちが描かれているのだ。
 そこには、私たちが自覚すべき大きな恵みがある。私たちの内に、聖霊なる神が住まわれ、またそれゆえ、キリストがうちにおられる事実だ。私たちのいのちとはキリストであり、キリストの御霊が私たちの内にあるゆえに、私たちは外なるからだが罪のゆえに死んでも御霊のいのちが私たちの内で輝くというのだ。そのとき、私たちにどのような現実があろうとも内にあるいのちに目を留め、御霊のいのちにあって生かされること、今抱えている問題の中を御霊に導かれて歩むことができるのだ。  私たちと共に、主がいてくださる。復活の主の勝利、いのちの輝きが私たちの人生の歩みの現実にある。主を信頼して歩もう

コメントする

カテゴリー: Uncategorized

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中