20170521『キリストとの共同相続人』ローマ8:12-17

「私たちが神の子どもであることは、御霊ご自身が、私たちの霊とともに、あかししてくださいます。もし子どもであるなら、相続人でもあります。私たちがキリストと、栄光をともに受けるために苦難をともにしているなら、私たちは神の相続人であり、キリストとの共同相続人であります。」         (ローマ8:16,17)
 キリストと共に歩む人生は、主の恵みと憐みに基づいている。しかし、それは決して甘えではない。いのちがけの愛で愛された私たちは、その愛に応えるべく、その歩みがなお整えられていくことを願い求めていく。たとえそれが幾度失敗してもだ。
 私達は「子とされる恵み」を受けている。「奴隷の霊」と訳されている言葉は「養子の霊」と訳したほうが適切であろう。神の子どもとして全くふさわしくない私達を主は愛し、キリストの十字架の贖いと犠牲を通して、私達を養子としてくださった。そしてそれは、神の御子イエス・キリストと共に、恵みの相続人とさせていただく大いなる特権を持つことを意味している。
 ペテロはまた、「また、朽ちることも汚れることも、消えて行くこともない資産を受け継ぐようにしてくださいました。これはあなたがたのために、天にたくわえられている」(ペテロ1:4)と語ると共に、その直前には「イエス・キリストが死者の中からよみがえられたことによって、私たちを新しく生まれさせて、生ける望みを持つようにしてくださいました。」(同1:3)と語っている。さらにパウロは、「世界の相続」として信仰の義による恵み(ローマ4:13)、ガラテヤ4章やこの箇所には、神を「父」と呼び求めることのできる大いなる特権が描かれている。創造主であり、全能の主を「アバ、父」と呼び、全幅の信頼を置くことができることは何という憐みだろうか。また私達はキリストと愛の使命をも共有していくことを忘れてはならない。主は小さな私たちをも用いてくださる。

コメントする

カテゴリー: Uncategorized

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中