20170625『うめきが望みに』ローマ8:18-25

 「私たちは、被造物全体が今に至るまで、ともにうめきともに産みの苦しみをしていることを知っています。そればかりでなく、御霊の初穂をいただいている私たち自身も、心の中でうめきながら、子にしていただくこと、すなわち、私たちのからだの贖われることを待ち望んでいます。」 (ローマ8:22,23)
 私達は、様々な悩みを人生に抱える。そこからの救いや助けを願い、解放を求めてうめく。しかし、時にそれは個人的な世界や理解にとどまってしまうことがある。世界全体の悩みやうめき、被造物全体のうめきにまで私達の理解は広げられているだろうか。私達の福音理解が問われている事を心に留めたい。
 ローマ書が書かれた時代の「今の時のいろいろな苦しみ」は、私達の時代の苦難にもつながる共通点がある。一方彼らが通った苦難や迫害は私達の痛みを超える面が多々あった。しかし、彼らはそれらの中にあって、神の子どもとして与えられることが約束されている「栄光の希望」に彼らは心に留め、待ち望む喜びに心を向けた。どのようなうめきや苦難があろうとも、真の希望から目を離さなかったのだ。私達もまた、苦難だけではなく、勝利の主にある希望にしっかりと目を留めたい。私達は、目に見えない「真の希望」を与えられているからだ。
 被造物もまた、人間の罪ゆえのうめきを通っている。しかしそのうめきもまた解放や希望へと向かっている。新しい天と新しい地の創造を目指して、被造物全体もうめいているのだ。うめきや苦難こそ、私達を本物へと導いていくことも覚えたい。今通る痛みや悲しみを通し、私達へ永遠の希望、栄光の勝利へと確実に向かい、主にある恵みを受け取り続けるからだ。主が共に!

コメントする

カテゴリー: Uncategorized

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中