20170716『悔い改めの実』マタイ3:1-12 

  「悔い改めなさい。天の御国が近づいたから。」 この人は預言者イザヤによって、「荒野で叫ぶ者の声がする。『主の道を用意し、主の通られる道をまっすぐにせよ』」と言われたその人である。                         (マタイ3:2,3)
 旧約聖書のマラキ書が記されてから、バプテスマのヨハネが登場するまで約400年の月日が流れた。中間時代と呼ばれるこの期間は激動の期間でもあった。ペルシャが滅び、地中海諸国はギリシヤに征服されアレクサンダーによりヘレニズム文化が席巻。紀元前200年頃にはローマ帝国が地中海周辺国を制覇。ユダヤはローマ帝国の属州となり、紀元26年にはピラトがユダヤの総督となり支配が長期間にわたり続き、ユダヤの民は長い間、抑圧された。その結果、彼らは切に救い主メシヤを待ち望み続けていた。しかし、それはローマを倒しイスラエルを再興する待望でもあった。その混乱の中、イスラエルは霊的には枯渇し、神殿礼拝も商売の場と化すような状況だった。そこに預言者エリヤを彷彿とするバプテスマのヨハネが登場する。彼の説く悔い改めのメッセージは、人々の心を捉えた。多くの人が罪を認め、悔い改めのバプテスマの受けたのだ。それは真の救い主を待ち望み、その道を用意する非常に重要な備えだった。しかし当局者達は悔い改めを拒絶し傲慢さを露呈する。
 真の悔い改めは、どの時代でも全ての人に必要だ。神の前に心を整えられる時にこそ、私達は豊かな実を結ぶ者とされるからだ。心砕かれ、悔い改めの実を豊かに結び、主の祝福と恵みを豊かに受け続けたい。主は、あなたを祝福しようと待っておられる。 

コメントする

カテゴリー: Uncategorized

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中