20170910『勝海舟・最期の告白』ローマ1:16-17

「 私は福音を恥とは思いません。福音は、ユダヤ人をはじめギリシヤ人にも、信じるすべての人にとって、救いを得させる神の力です。なぜなら、福音のうちには神の義が啓示されていて、その義は、信仰に始まり信仰に進ませるからです。『義人は信仰によって生きる。』と書いてあるとおりです。」(ローマ1:16,17)
  勝海舟が70歳の時、長男・小鹿を脳卒中で若くして失う。悲嘆にくれている勝に、日本に伝道旅行に来た伝道者ジョージ・ニーダム師が面会した。勝氏は一時間以上、ニーダム師が語る福音の真理に耳を傾けた。ニーダム師は終わりに、少し躊躇しながら、勝に、ひざまずいて祈りたいかどうかと尋ねると、勝は、即座に同意した。祈りの言葉は、日本人牧師により、一行ずつ日本語に訳された。祈りを終え、彼らが立ち上がると、勝は、涙に濡れた目をして立っていた。そして、ニーダム師の手を握り締め、『人生で一番すばらしい恵みの時でした』と、低い静かな声で感謝を表した(エドワード・クラーク著より)。

本日は、『勝海舟・最期の告白』の著者、守部喜雅氏による特別歓迎礼拝でした。

広告

コメントする

カテゴリー: Uncategorized

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中