20170924『主の名が置かれる神殿』I列王8:27-30

 
 「この宮、すなわち、あなたが『わたしの名をそこに置く。』と仰せられたこの所に、夜も昼も御目を開いていてくださって、あなたのしもべがこの所に向かってささげる祈りを聞いてください。」      (列王8:27)
  主への礼拝が献げられる「神殿」が完成した。それは神がダビデの心に与えられた思いに基づき、主ご自身がソロモンを通して、なさった主のわざの完成でもあった。主の臨在が明確に示される至聖所に、契約の箱が運び込まれる。民を代表する長老たちが集い、神への祭司たちがそれを行った。イスラエルの民全体による神殿の奉献式と言えるだろう。
 契約の箱そのものが、主の臨在の象徴ともされる。しかし、それは何よりも神と人との契約の証しであった。モーセを通し、エジプトの奴隷状態であった神の民が、神の憐みの契約に基づき、約束の地へと導かれ、恵みの中で、イスラエルという国が建てられ、主への礼拝の場が定められたのだ。それは神のご契約への真実さに基づくものである。民の愚かさに妨げられずに、神はご自身の名をその神殿に置かれる。神の臨在が満ちるその神殿は祭司が近づけないほどの輝きと恵みに満ちたのだ。  ソロモンはじめ、イスラエルの民の感動の大きさを思う。しかし、イスラエルの民の歩みの重要性はそれからだったのだ。
 現在において主の教会は、神の臨在を表わし、礼拝の場である。しかし、それは建物のことではない。キリスト者一人一人が神の臨在を表わす者であり、その歩みが主の栄光を表わすようにと主はチャレンジされる。主の愛に応え主の前を歩みたい。

広告

コメントする

カテゴリー: Uncategorized

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中