月別アーカイブ: 10月 2017

20171008『本物の幸い』マタイ5:1-12

 「心の貧しい者は幸いです。天の御国はその人のものだからです。悲しむ者は幸いです。その人は慰められるからです。」
     (マタイ5:3,4)
 幸せを表わす英語には、主に3つある(H,L,Bそれぞれで始まる)。ここで用いられているのは、神の祝福を表わすマカイオイという言葉で、詩篇1,32,41等のギリシャ語訳にも用いられている。
 自分の尺度で幸福を考えやすい私たちにとって、神の視点から見た祝福という理解は、思いや考えを豊かに広げてくれる。心の貧しさは、心の狭さや卑しさではなく、自分の霊的な貧しさを知っている心砕かれた姿だ。悲しみも状況等にではなく、自らの罪深さやこの世の悪への悲しみを持つ姿を現している。神はそのような人を豊かに祝福してくださるのだ。
 神により頼む故に自己主張から解放された者こそ、柔和な人であり、神との交わりにより真の強さを与えられていく。神の御心に従うことをひたすら求めて義に飢え渇く者、神の憐みに生かされ自らも憐みを表す者、神によって砕かれ変えられ、きよめられていく者…、神の愛と平和を人々に届け、どのような迫害を受けようともそこで主に信頼し、主を待ち望む者…、それらの一人一人を主は愛し、神の豊かな臨在を経験し、やがては顔と顔とを合せるようにして神を見る者とされる。
 私たちの現実の姿とは程遠い姿が描かれているように思うし、当時の弟子たちはなおその思いが深かったであろう。しかし主の愛は人を内側から作り変え、神の愛と平和、そして栄光の為にその人を用いられる。主の愛に期待し、生かされたい。

広告

コメントする

カテゴリー: Uncategorized

20171001『愛のわざへの招き』マタイ4:18-25

 「イエスがガリラヤ湖のほとりを歩いておられたとき、ふたりの兄弟、ペテロと呼ばれるシモンとその兄弟アンデレをご覧になった。彼らは湖で網を打っていた。漁師だったからである。イエスは彼らに言われた。『わたしについて来なさい。あなたがたを、人間をとる漁師にしてあげよう。』彼らはすぐに網を捨てて従った。」                      (マタイ4:18-20)
 主イエス・キリストは、ご自身の近くに置き、また生活を共にし、その歩みを見せ、そして派遣する為に12人の弟子を選んだ。それは旧約の12部族に関わる数であったろうし、二人ずつ、時には三人を…と豊かな交わりが生まれる数であったろう。主は憐れみを持って人を選び、用いられる。それは彼らの能力や力によるのではなく、ただ主の恵みによる選びだった(コリ1章)。
 すでにかかわりを持っていた弟子たちを、主は改めて献身の生活へと召した(ヨハネ1‐2章)。ここで召されたシモンとその兄弟アンデレ、そしてゼベダイの子ヤコブとヨハネは、後に12弟子の中核になっていく。彼らは漁師という働きの真最中に召された。「人間をとる漁師にしてあげよう」という約束が伴う招きだった。それは、人々に愛を届け、真の愛へと招き導く、重要な働きと使命への招きだった。ユダヤ教では弟子のほうでラビを選ぶが、イエスは逆に自ら弟子たちを選ぶ。
彼らは従うために網を捨てなければならなかった。しかし無責任な従い方ではなく、家族への愛と責任と共に彼らは主に従っていく(参照マコ1:20)。しかしまた主に従うことは、家族の絆以上に重要なことも事実である。主は私達をも愛のわざへと招かれる。私達はその招きにどう応えていくだろうか。

コメントする

カテゴリー: Uncategorized