20171008『本物の幸い』マタイ5:1-12

 「心の貧しい者は幸いです。天の御国はその人のものだからです。悲しむ者は幸いです。その人は慰められるからです。」
     (マタイ5:3,4)
 幸せを表わす英語には、主に3つある(H,L,Bそれぞれで始まる)。ここで用いられているのは、神の祝福を表わすマカイオイという言葉で、詩篇1,32,41等のギリシャ語訳にも用いられている。
 自分の尺度で幸福を考えやすい私たちにとって、神の視点から見た祝福という理解は、思いや考えを豊かに広げてくれる。心の貧しさは、心の狭さや卑しさではなく、自分の霊的な貧しさを知っている心砕かれた姿だ。悲しみも状況等にではなく、自らの罪深さやこの世の悪への悲しみを持つ姿を現している。神はそのような人を豊かに祝福してくださるのだ。
 神により頼む故に自己主張から解放された者こそ、柔和な人であり、神との交わりにより真の強さを与えられていく。神の御心に従うことをひたすら求めて義に飢え渇く者、神の憐みに生かされ自らも憐みを表す者、神によって砕かれ変えられ、きよめられていく者…、神の愛と平和を人々に届け、どのような迫害を受けようともそこで主に信頼し、主を待ち望む者…、それらの一人一人を主は愛し、神の豊かな臨在を経験し、やがては顔と顔とを合せるようにして神を見る者とされる。
 私たちの現実の姿とは程遠い姿が描かれているように思うし、当時の弟子たちはなおその思いが深かったであろう。しかし主の愛は人を内側から作り変え、神の愛と平和、そして栄光の為にその人を用いられる。主の愛に期待し、生かされたい。

広告

コメントする

カテゴリー: Uncategorized

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中