20171029『賛美の祝福』〜宗教改革記念礼拝〜コロサイ3:12-17

「キリストのことばを、あなたがたのうちに豊かに住まわせ、知恵を尽くして互いに教え、互いに戒め、詩と賛美と霊の歌とにより、感謝にあふれて心から神に向かって歌いなさい。」     (コロサイ3:16)
 マルチン・ルターがヴィッテンベルクの城教会の門に95か条の提題を張り付け、「聖書に戻る」ことを中心とした宗教改革が始まって今年で500年目を迎える。続く宗教改革者達が闘った歩みは、『5つのソラ』: 「聖書のみ」 (Sola scriptura)、「信仰のみ」(Sola fide)、「恵みのみ」 (Sola gratia)、「キリストのみ」(Solus Christus)、「神の栄光のみ(神にのみ栄光を)」 (Soli Deo gloria) に代表される。何よりも最終的な権威は、人にではなく、神のことばにあることが確認されたことは大きな事だった。
 コロサイの教会は、当時の間違った教えに振り回されていた。しかし、その教会のためにパウロが語ったのは、「キリストのことば」を人々の心、生活、交わりの中に豊かに住まわせ、互いにみことばを通し、その知恵を尽くして、互いに教え合い、戒め合うこと。そして第二には、詩篇と賛美と新しい霊の歌とによって、感謝に溢れて、主に向かって賛美をささげることにあった。
 ルターは多くの賛美をみことばに基づき作詞し作曲した。讃美歌267に代表される多くの神への賛美は、5つのソラに基づくものと言っても良いだろう。それは宗教改革を生きた信仰者の原点であり、生涯の指針であり、宝であった。
 私達は何を宝として生きているだろうか。どこに価値を置いているだろうか。聖書・信仰・恵み・キリスト・神の栄光に私達も基盤を置き生かされ、なお豊かに神を愛する者とされていきたい。

コメントする

カテゴリー: Uncategorized

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中