20171126『真の豊かさと知恵』列王10::1-10

「あなたを喜ばれ、イスラエルの王座にあなたを着かせられたあなたの神、主はほむべきかな。主はイスラエルをとこしえに愛しておられるので、あなたを王とし、公正と正義とを行なわせられるのです。」(列王10:9)
 ソロモンの知恵は際だっており、周辺諸国にその噂は鳴り響いていただろう。シェバの女王が、主の名に関連してソロモンの名声を伝え聞き、難問をもってソロモンを訪ねた。ソロモンの知恵というだけではなく、「主の名に関連して」という表現に、ソロモンの知恵の源が明確にされ、女王が聞きたかったあらゆる難問にソロモンが、神の知恵を持って答えたことが想像される。
 女王の驚きは、その答えだけではなかった。宮殿や料理、従者の態度・服装、神への礼拝のささげものに驚きを隠せなかったのだ。そこには、神を見上げ、礼拝し、神を中心とした王国の姿、そして神の祝福を彼女は目の当たりにしたのだろう。
 しかし、異邦の女王が神を見上げ、賛美しているのに対し、ソロモンは神から与えられた知恵や、豊かさ、権力等を神を誉めたたえるためではなく、自分の栄光や力を示すために用い、その心が神から離れていく。豊かさの中に生きること自体の中に、誘惑があり、悪しき者の攻撃があることを忘れてはならない。
 ソロモンは、主がモーセを通して民に語った「王のあり方」を逸脱していく(申7)。それはサムエルが警告していたことでもある。真の豊かさと知恵に生かされる歩みは決して簡単ではない。しかし、主は私達の人生の祝福のために、真の王をこの地上に送られる。ダビデの子孫としての祝福は真の救い主にこそある。

広告

コメントする

カテゴリー: Uncategorized

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中