20171224『救い主誕生の喜び』ルカの福音書 2:1-20

★クリスマス礼拝★

「御使いは彼らに言った。『恐れることはありません。今、私はこの民全体のためのすばらしい喜びを知らせに来たのです。きょうダビデの町で、あなたがたのために、救い主がお生まれになりました。この方こそ主キリストです。』」            (ルカ2:10-12)  イスラエルの民が待ち続けていた救い主・メシヤの誕生のメッセージは、寒空の中、野原で夜番をする羊飼いたちに届けられた。
 夜空を埋め尽くすような御使いたちの賛美と輝きは、孤独や貧しさ、多くの不安を抱えた羊飼いたちによってどれほどの喜びだったであろうか。人口登録にも関係がなく、証言が信用されない彼らをこそ、主は永遠の喜びの最初のメッセンジャーそして、礼拝者として用いられた。ローマに支配され、屈辱的な人口登録さえ、メシア誕生の預言の成就に用いられる主は、私達が抱える様々な問題を全てご存知で、それを用いて豊かな祝福を与えることのできるお方だ。
 彼らに与えられた「飼い葉おけに寝かせられたみどりご」は彼らにとって、探し出しやすいしるしであったろう。羊飼いは迷子となった羊を見出し、おるべき場所に連れ帰る存在だ。しかしこの時、彼らこそ、真の救い主に見いだされ、導かれ、真におるべき場所として救い主の礼拝者として招かれた。それを導いた御使いの天の賛美も、そして東方の異邦人博士たちをも礼拝者として導いた星も、救い主誕生の喜びを世界に知らしめた。それを受け取った人々を主は招かれたのだ。そして、私達も招かれている。自分自身に与えられている恵みのしるしに気づき、愛なる主のもとに心から行きたい。

広告

コメントする

カテゴリー: Uncategorized

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中