元旦礼拝『互いに愛し合う祝福』ヨハネ 15:7-17

  
「あなたがたがわたしを選んだのではありません。わたしがあなたがたを選び、あなたがたを任命したのです。それは、あなたがたが行って実を結び、そのあなたがたの実が残るためであり、また、あなたがたがわたしの名によって父に求めるものは何でも、父があなたがたにお与えになるためです。あなたがたが互いに愛し合うこと、これが、わたしのあなたがたに与える戒めです。」                          (ヨハネ15:16,17)  新年明けましておめでとうございます。
 この新しい一年も、主にあって共に歩める幸いを感謝しています。私達は、神様の不思議な導きの中で今の歩みが与えられています。全てを神様が備え、選び、召し、そして用いようとしてくださっています。その背後には、神様の豊かな無条件の愛があることを私達は今年も心に留めて歩み続けたいと思います。
 主は私達の弱さも愚かさも全てご存じで、なお私達が実を結ぶことを期待し、時に刈り込みをして下さる。それはたとえ痛みを伴ったとしても豊かな実を結ぶための祝福だと聖書は語っている。そして、その実の中心は、互いに愛し合うことにあるとのチャレンジである。私達の中には真の愛はない。自分中心な時に身勝手な愛は容易に相手を傷つけてしまう。私達はその事実を心から認め、主の前に悔い改め続けたい。そして、自らが愛なる主によって召されたことを覚え、主からの愛を求める特権が与えられていることを日々心に留めたい。主は求める者に、豊かに与えて下さると約束して下さっている。この一年、私達は誰のために祈り、具体的な愛を表せるだろうか。主の愛を心一杯に受けたい。

広告

コメントする

カテゴリー: Uncategorized

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中