20180121『主の憐みと祝福』ローマ9:24-33

 
「それも、神が栄光のためにあらかじめ用意しておられたあわれみの器に対して、その豊かな栄光を知らせてくださるためになのです。神は、このあわれみの器として、私たちを、ユダヤ人の中からだけでなく、異邦人の中からも召してくださったのです。」                                (ローマ9:23,24)
 私たちは神様の愛と恵みの中にあって不思議な選びを受けている。選びという言葉は誤解を受ける。パウロは2つの誤解に明快に答えている。神に不正はないことと、神の憐みの主権である。
 そして、この主の憐みの主権は、陶器師の手によって創られる陶器のように、創造主なる神の側に愛の主権がありつつも、愚かな私たちが主の憐みによって尊いことに用いられる器へと変えられていくこと、そしてその恵みが異邦人にまで及ぶべく、神の民を取り扱い導かれることが語られていく。しかもその憐みの恵みは、旧約聖書の中からすでにホセア書、イザヤ書の中で明確に語られてきていることが明示されていく。主権者なる愛の神は、取るに足りない神の民を心から愛し、彼らのそむきの罪さえ、異邦人への愛の注ぎへと導き、受けるに値しない恵みを与え続けて来てくださったのだ。
 私たちは、先にその恵みに気が付かされたものに過ぎない。異邦人の中から召し出された私たちは、「彼」に信頼することを教えられ、失望することのない歩みが与えられている。私たちはなお感謝を持って、神の民としての憐みの道を歩ませていただきたい。そして心から主を愛し、主に従い、主の祝福を届ける器とさせて戴きたい

広告

2件のコメント

カテゴリー: Uncategorized

20180121『主の憐みと祝福』ローマ9:24-33」への2件のフィードバック

  1. 石橋秀則

    わたしのような罪びとを選んで下さった神のみ恵みに感謝いたします

    • mokku122

      私たちに注がれる主の深い愛と憐みを思いますね。
       コメント感謝します。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中