20180415『恵みの選びによって』ローマ11:1-10

「ですから、同じように今この時にも、恵みの選びによって残された者たちがいます。恵みによるのであれば、もはや行いによるのではありません。そうでなければ、恵みが恵みでなくなります。」                         (ローマ11:5〜6)
 「選び」というテーマは私達の心に波を立てる。神の民として選ばれたユダヤ人もその波を覚えただろうか。主の民として選ばれたのだという理解は、時に人を傲慢にする。しかし、聖書は一貫して、主の選びはただ恵みなのだと強調し繰り返す。
 そして主は敢えて小さな存在や愚かな存在を選ばれるのだ(コリント1:26-29)。神は誰をも誇らせないために、そして恵みの中でへりくだり、主の憐れみの中を歩むようにと人々に謙遜さを教えられ、導かれる。それは神の民ユダヤ人も同様だった。彼らは、数々の失敗や罪の故に、神の御前に遜ることを余儀なくされた。そのことを通して、異邦の民も神を畏れるものとされ、そして主に従う者としての招きを恵みとして覚える者とされた。私達は皆、自分の愚かさや罪深さを正直に神の前に認め、そして赦しの恵みに立って主に心から従っていく必要がある。
 バアルやアシェラの預言者に大勝利を収めたエリヤでさえも、時に失望を抱えた。しかし、主は憐れみの民、恵みの民を残し、彼と共に歩む者とされた。主は私達をも遜らせ、一方的な憐れみと恵みの中で、用いて下さる。主の恵みを深く覚えたい。

広告

コメントする

カテゴリー: Uncategorized

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中