20180422『35周年の 主の教会の歩みに感謝して』使徒の働き22:1〜21

「私たちはみな、神の御子に対する信仰と知識において一つとなり、一人の成熟した大人となって、キリストの満ち満ちた身丈にまで達するのです。」                               (エペソ4:13)
 この清瀬・新座の地域に清瀬福音自由教会が建てあげられて、今年で35周年を迎える。最初は志木街道沿いのそろばん塾をお借りしての午後からの礼拝だった。現関東西地区の牧師先生たち、また米国福音自由教会の宣教師の方々のご協力によって主の教会の歩みは始まった。すでに主のもとに帰られたハルストロム先生、コンラッド先生、初代牧師の日名先生、顧問牧師の古山先生の尊い働きと、熱心な信徒の方々の熱い祈りと献身的な尊いご奉仕の中で、主の教会は建て上げられてきた。私たちはその恵みを忘れてはならない。
 そして設立 年で新座市西堀に、また設立28周年にこの新座市新堀に主を礼拝する会堂を主にささげ、100名が一緒に主を礼拝できる時をと願ってきた。その祈りに主は答えてくださり、会堂が満たされることも時折与えられている。これから私たちはどのような歩みへと踏み出していくのだろうか。様々な夢やビジョンが各自にも与えられているだろう。しかし今日私たちは、主の憐れみと恵みによってみことばに聞き従う者でありたい。主はご自身の栄光の教会を私たちのうちに築き上げてくださる。  35周年の恵みを覚え、主ご自身に私たちをささげて行きたい。 

広告

コメントする

カテゴリー: Uncategorized

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中