20180520『御霊に導かれて』ガラテヤ5:13-26

「キリスト・イエスにつく者は、自分の肉を、情欲や欲望とともに十字架につけたのです。私たちは、御霊によって生きているのなら、御霊によって進もうではありませんか。」                            (ガラテヤ5:24,25)
 今朝は、弱かった主イエス・キリストの弟子たち、ひとりひとりに聖霊が臨み、彼らが聖霊に満たされ、主の教会が誕生した日を覚えるペンテコステの時だ。旧約聖書において五旬節として祝われるこの日は、大麦の収穫の終りを意味し、いよいよ小麦の収穫となる時であると共に、主がシナイ山において律法を与えられたことを記念する時でもあった。主の恵みと贖いに感謝し、主を恐れると共に、みことばを与えられて歩むその記念は、このペンテコステの出来事に深く関わっている。
 主の教会は、様々な問題を抱えつつも、みことばによって整えられ続け、聖霊に導かれ、満たされて歩むというチャレンジをどの時代でも受けている。聖霊はすべてのキリスト者に臨み、信仰の告白、そして日々の歩みを導く。しかし、私たちは自分に与えられた「自由」をどのように、そして誰のために用いるのかが日々問われている。肉に従って歩んでしまう弱さや罪深さを私たちは抱えながら歩んでいるからだ。そして私たちは失敗をする。しかし、私たちの全てをご存じの主は、どこまでも私たちに期待してくださり、みことばによって促し続け、そして祈りをもって待ち続けて下さっている。私たち一人一人が、御霊に導かれて歩みを進めたい。教会の成長は一人一人の成長による。

広告

1件のコメント

カテゴリー: Uncategorized

20180520『御霊に導かれて』ガラテヤ5:13-26」への1件のフィードバック

  1. 石橋秀則

    御霊が下らなければ、誰一人として、新しい命を得ることが出来ません。
    ペンテコステのこの日に、そのことを感謝せずにおられません。そうでなかったら、今も尚、我が罪に気付かずに暮らしているでしょう。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中