20180617『父なる神との交わり』Iヨハネ1:3-7

「私たちの交わりとは、御父また御子イエス・キリストとの交わりです。…もし私たちが、神が光の中におられるように、光の中を歩んでいるなら、互いに交わりを持ち、御子イエスの血がすべての罪から私たちをきよめてくださいます。」   (ヨハネ1:3,7)
 今日は父の日への心からの感謝を表す日だ。1909年にアメリカ・ワシントン州スポケーンのソノラ・ドッド夫人が、男手1つで自分達を育ててくれた父に感謝し、牧師に父の誕生月の6月に礼拝をしてもらったことがきっかけと言われている。母の日とほぼ同時期に始まった父の日もとても重要な示唆がある。父の働きは、子に分かりにくい。世の中で闘いつつ必要な糧を得るべく労し、大きな犠牲を払いつつ家族を養っている。その愛に私達は心から感謝したい。すでに神の支配に移された父親も少なくないだろう。しかし、思いを新たに心からの感謝を表したい。
 そして、何よりも父なる神の存在をも私達は心に留めたい。私達は天の父の働きや愛を日々の歩みの中で、確認し、感謝し、賛美し、そして父なる神との交わりに生かされたいのだ。私達の歩みは、この父なる神との交わりに原点があるといっても良い。全てを創造され、愛を注ぎ導かれる神の御手の中で私達は守られ、支えられているからだ。そして御子キリストのとの交わりもまたそれを豊かにする。キリストが私達になされた愛の犠牲を忘れてはならない。歴史の中に刻まれた神の愛を心深く受け止め、 今の歩みを感謝と共に進めさせて戴きたい。神はどんなときにもあなたと共におられ、恵みと祝福を注いでいてくださるからだ。父への感謝を心に留め、神との交わりに生かされたい。

広告

コメントする

カテゴリー: Uncategorized

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中