月別アーカイブ: 7月 2018

20180708『神と人への誠実』マタイ7:1-12

「求めなさい。そうすれば与えられます。探しなさい。そうすれば見出します。たたきなさい。そうすれば開かれます。だれでも、求める者は受け、探す者は見出し、たたく者には開かれます。」                              (マタイ7:7〜8)
 「他の人をさばくな」という命令は、批評や善悪の判断をするなということではない。自己を正当化するあら捜しや、優越感を伴った批判を主は禁じられる。自分の多くの欠けに目を閉じながら、他人のそれはよく見え、善意を装い「忠告」するのは偽善者であり、高慢だ。まず自分の問題に対峙する必要がある。
 人をさばかず、他方で健全な識別力をもつためには、それを神に求め続け、捜し続け、たたき続けなければならない。しかし大切なのは求めの熱心さではなく、求めに応える父なる神の真実さである。人間の父親でも子供の求めに誠実に対応する。父なる神は祈り求める者に良いものを与えないはずはないのだ。
 「人からしてもらいたいことは何でも、あなたがたも同じように人にしなさい。」との黄金律は他の宗教にも見出されるが、たいていは「他の人からされたくないことは自分もするな」という消極的な形である。イエスは積極的に表現し、天の父から良いものを受ける者として、自分も他の人に良いものを与えるよう命じているる。私たちも神と人との前に誠実に愛を現わしたい。

広告

コメントする

カテゴリー: Uncategorized

20180701『神の国とその義を』マタイ6:25-34

「まず神の国と神の義を求めなさい。そうすれば、これらのものはすべて、それに加えて与えられます。ですから、明日のことまで心配しなくてよいのです。明日のことは明日が心配します。苦労はその日その日に十分あります。」      (マタイ6:33,34)
 私たちは様々な事で思い煩う。しかし、その思い煩いがどこに起因しているのかを祈り求めていく必要がある。キリスト者が神と富との両者に仕えようとするなら、結局は富に支配されることになる。そして、富に支配された心は思い煩いに支配されやすい。物質的な必要を満たすことがすべてであるかのように生きてはならないの。思い煩いから解放される道がある。
 命や体を与えて下さっている神は、すべての必要をご存じで、備えて下さる。また、空の鳥も、野のゆりも主の知恵に満ちた装いが与えられており、より重要な私達の世話を神はなさる。さらに、私たちの命そのものが神の手の内にあり、思い煩う必要はないからだ。最後に、思い煩いは神への信仰・信頼の問題となる。神を知らない異邦人なら、思い煩うのも不思議である。問題や困難を見るのではなく、神に向かうことが重要である。
 神の国と神の義、すばわち神の御心にかなっていることこそ重要であり、それを求めていく責任がある。神と正しい関係にあるなら、本当に必要なものは備えられていく。主の平安を得続けよう。

コメントする

カテゴリー: Uncategorized