20180708『神と人への誠実』マタイ7:1-12

「求めなさい。そうすれば与えられます。探しなさい。そうすれば見出します。たたきなさい。そうすれば開かれます。だれでも、求める者は受け、探す者は見出し、たたく者には開かれます。」                              (マタイ7:7〜8)
 「他の人をさばくな」という命令は、批評や善悪の判断をするなということではない。自己を正当化するあら捜しや、優越感を伴った批判を主は禁じられる。自分の多くの欠けに目を閉じながら、他人のそれはよく見え、善意を装い「忠告」するのは偽善者であり、高慢だ。まず自分の問題に対峙する必要がある。
 人をさばかず、他方で健全な識別力をもつためには、それを神に求め続け、捜し続け、たたき続けなければならない。しかし大切なのは求めの熱心さではなく、求めに応える父なる神の真実さである。人間の父親でも子供の求めに誠実に対応する。父なる神は祈り求める者に良いものを与えないはずはないのだ。
 「人からしてもらいたいことは何でも、あなたがたも同じように人にしなさい。」との黄金律は他の宗教にも見出されるが、たいていは「他の人からされたくないことは自分もするな」という消極的な形である。イエスは積極的に表現し、天の父から良いものを受ける者として、自分も他の人に良いものを与えるよう命じているる。私たちも神と人との前に誠実に愛を現わしたい。

広告

コメントする

カテゴリー: Uncategorized

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中