20180805『狭い門から入る』マタイ7:13-23

「狭い門から入りなさい。滅びに至る門は大きく、その道は広く、そこから入って行く者が多いのです。いのちに至る門はなんと狭く、その道もなんと細いことでしょう。そして、それを見出す者はわずかです。」                  (マタイ7:13,14)
 主の弟子として、整えられる歩みは、決して容易ではない。しかし、主の憐れみは、私たちの愚かさを越えて豊かに届く。弟子の歩みの重要さの一つは、狭い門からはいることである。滅びに至る門は大きいので入りやすく、歩みやすい。従って滅びに至る門から入って行く者が多いが、いのちに至る門を見いだす者はまれである。表面的な豊かさに惑わされず狭い門を通る決断をし、狭い道を歩き続けることを選ばなければならない。
 本物を見極める重要さは、どんな人にも言える。見たところ無害な羊のようでも、現実には貪欲な狼、自分の利益のために群れを食い物にする教師がいる。彼らを見分けるには実を見る。良い木は良い実を、悪い木は悪い実を結び、例外はない。実といっても、外見上の華々しさではない。主よ、主よという告白や力あるわざでさえ、イエスとの結び付きを保証しない。
重要なのは神のみこころを行なう者であるかどうかである。主の御心の中心は罪の悔い改めという狭い門に人を導くことだ。真に主の弟子となる者は自己中心的な生き方から解放され、主の前に砕かれ、整えられ続け、実を結び、御心を行う者に変えられていくのである。私たちもまた、狭い門に向かい歩み続けたい。

コメントする

カテゴリー: Uncategorized

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中