20180826『頑なな心の危険』列王記 16:21-34

「アハブはアシェラ像も造った。こうしてアハブは、彼以前の、イスラエルのすべての王たちにもまして、ますますイスラエルの神、主の怒りを引き起こすようなことを行った。」 (列王16:33)
 私たちの心の奥底には、様々な闇がある。それが表面に出てくるとき、自分自身でも驚いてしまうことがある。しかし、それと向き合い、その闇の中で、主の憐みを受け取るとき、私たちには赦しと共に癒しがあることを心にとめ、感謝したい。
 ジムリはイスラエルの王エラの配下で戦車隊の半分の長であったが、ティルツァで王が酒に酔っている機会をねらって殺害し、王位を奪った。さらに預言者エフーの言った通り、バシャの全家を打ち殺した。しかし王位についてわずか7日で、民衆の立てたオムリに攻められ自害する。ジムリを倒したオムリが実質的な王位を得たが、神の前に悪を重ねていく。人間の欲望が満たされていく歩みは、神から離れていくことになることがなんと多いことか。そしてついにオムリの子、アハブがイスラエルの王となる。聖書は、このアハブの神への背きの姿を明確に語っている。「彼以前のだれよりも主の目に悪であることを行った」「彼にとっては、ネバテの子ヤロブアムの罪のうちを歩むことは軽いことであった。それどころか彼は…イゼベルを妻とし、行ってバアルに仕え、それを拝んだ。」と聖書は語る。坂を転がるようにして、神に背くイスラエルの王の姿がここにある。私たちはどうだろうか。神の前に真実に歩むことがいつも誰にも求められる。

広告

コメントする

カテゴリー: Uncategorized

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中