20181021『神からのリマインダー:祝福の約束』創世記12:1-4

 神はアブラハムを召し出され、その子孫を世界のすべての民族へ祝福を運ぶ器とすると宣言されました。
これは、ハランで初めて語られた神の言葉のようにも読めますが、聖書の他の箇所を見ると、神がカランで初めてアブラハムに語られたことではなく、未だメソポタミアに居た時に既に語られていたことをカランでもう一度語られたことばであったのではないでしょうか。忘れっぽい私達にもしばしば、リマインダーが必要です。思い起こさせ、思い出させてくれるもの、もう一度やり直すように、もう一度取り組むように、もう少し進むようにと励ましてくれるみ言葉が私たちには必要なのです。神はアブラムを用いようとして、このリマインダーを出されたのです。
 さて、今、神は私たちにどんなリマインダーを送ってくださっているでしょうか。リマインダーを与えて下さる神の恵みと哀れみに対して、アブラハムもまた信仰をもって答えました。アブラハムがハランを出たときは、75歳。それでも主の言葉に従って出て行ったのです。アブラハムは神の民として歩むべき姿を身をもって示したのです。アブラハムは、その後 行く先々で主のための祭壇を築いて、祈りました。礼拝する民として生きたのです。礼拝する家族の長として、何処へ行っても、どんな立場になっても、主を第一にして歩む姿がありました。
 世界中のあらゆる人々と民族に神を礼拝する民となるか否かの選択が可能になるように、神のみ言葉を届け、福音を伝えるために、私たちは絶えず神からのリマインダーを受け取って従って行きたいものです。 (土井 彰師)

広告

コメントする

カテゴリー: Uncategorized

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中