20181111『真の勝利と愛』マタイ8:28-34

 「すると見よ、彼らが叫んだ。『神の子よ、私たちと何の関係があるのですか。まだその時ではないのに、もう私たちを苦しめに来たのですか。』」                 <マタイ8:29>
 ガリラヤ湖の嵐を静め、ご自身の愛と主権を表した後に、キリストが弟子たちとともに辿り着いたのは、ゲラサとも呼ばれるガダラ人たちが住む場所であり、ガリラヤ湖の南東であった。そこは切り立った断崖が湖に突き出ている場所で、異邦人が多く住むデカポリスの地域に含まれていた。そこに悪霊につかれた人が二人いたが、マルコやルカはその内の一人に注視している。彼らを人間の力で抑えることはできなかった。
彼らを何度も苦しめた悪霊は、キリストがどのようなお方かを知っており、裁きの時があることを自覚していたようだ。この悪しき霊はレギオンという名を名乗り、キリストの永遠の裁きを避け、豚に移ることを願い出た。そして2000頭の豚がその犠牲になった。キリストは豚2000頭よりも、この悪しき霊につかれた彼らを尊重し、解放されたのだが、豚を飼っていた人々からはその愛は理解されなかった。しかし、悪しき霊から解放され、本来の姿に戻った彼らの姿は、人々にとって驚きであったろう。キリストの力が明確に示されたのである。解放された彼らは、キリストに従うことを願い出たが、主はそれをお許しにならず、家に戻り、証しすることをチャレンジした。そしてこのデカポリス地方で主を証した。主は、恵みによって人を変え、愛を伝える器とされる。

広告

コメントする

カテゴリー: Uncategorized

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中