20181202『西郷隆盛・愛と赦しの生涯』マタイ5:43−45

 「しかし、わたしはあなたがたに言います。自分の敵を愛し、自分を迫害する者のために祈りなさい。」
<マタイ5:44>
 上記の言葉が語られた後、イエスは苦難の道を歩み始められた、と聖書は語ります。そして、多くの人々の妬みの心が、イエスを十字架につけることになります。
「父(神)よ、彼らをお赦しください。彼らは、自分が何をしているのかが分かっていないのです。」(ルカ23:34) 十字架の上で最期の息を引き取る時、イエスはそう祈りました。それは呪いの祈りではなく、赦しの祈りであり、自分を傷つける人々が救われるようにと願う愛の祈りでした。 西郷隆盛が、漢訳聖書を手にし、それを熟読したのは1866
(慶応2)年頃からだと言われています。果たして、このようなイエスの言葉、イエスの祈りを知った時、西郷の心にどのような思いが湧き上がったのでしょうか。
 後に、西郷の死後まとめられ世に出た「南州翁遺訓」に収められた西郷の言葉を読むと、そこに、おそらく、イエスの言葉に衝撃を受け、心が熱く燃えたであろう彼の感動の軌跡を見ることができます。西郷隆盛という、近代史のなかに聳え立つ巨人の生き様に、再び、光が当てられようとしています。それは、政治家としての西郷の業績に注目するというより、その人間性、内面性の動きが、混迷する現代にあって、我々に、愛と赦しの大切さを教えてくれるからかも知れません。   「『西郷隆盛と聖書』 守部喜雅著 p156 おわりに」より

広告

コメントする

カテゴリー: Uncategorized

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中